井の頭公園、かいぼりの成果。

もう12月ですね。今年は暖冬とのこと。暖かな日があったりと冬らしくない気候が続いています。なかなか体が慣れない方も多いのはないでしょうか。ご体調に気を付けてお過ごし下さい。

先日のニュースで、井の頭公園が池の水を抜いて環境を再生する「かいぼり」によって野鳥が集う環境になってきているという記事を目にしました。カイツブリの繁殖が昨年に続いて盛んだそうで、また珍しいミコアイサという水鳥も羽を休めているようです。

水鳥が集まる理由として、水質が改善して池に水鳥の餌が増えたことが考えられています。ブラックバス等の外来種が大幅に減り、餌となる在来種である小魚やエビが増加しているそうです。

私も「かいぼり」にはボランティアで何度か支援をさせて頂きました。水草が何十年ぶりに復活したり(種が池底に残っていたそうです)、今回のような嬉しいニュースがあると感慨深いです。

今後も池の管理は必要ではありますが、少しずつと本来の日本の池に戻ってきてほしいと願うばかりです。

 

関連記事

PAGE TOP