新型コロナウイルス感染拡大防止に関するご協力のお願い

新型コロナウイルス感染拡大防止に関するご協力のお願い

利用者様へ 
平素よりご利用を頂き誠にありがとうございます。また当事業所の運営へのご理解とご協力を頂きありがとうございます。
 
さて、昨今における新型コロナウイルス感染症の拡大状況の中でご不安な方も多くおられると思われます。厚生労働省の最新情報をもとに利用者様の安全を第一に考えて、ご不安なく安心してサービスを受けて頂くことを考えてまいります。

弊社では厚生労働省より発信されております「社会福祉施設等における新型コロナウイルスへの対応について」に準じて対策を実施しております。
先ず、私どもスタッフにつきましては、出勤前に各自体温を計測する、マスク着用、手洗い、手指消毒を徹底しておこなってまいります。私生活でも不要不急な外出と人込みを避けるようにしています。

また、デイサービス施設につきましては、施設内の手すり、トイレ、ドアノブ、運動器具の消毒も必ず行うようにしています。

デイサービスの利用者の皆さまには下記事項のご協力をお願い申し上げます。

◎ご利用前の検温

お迎え時の送迎車が到着する前までに検温をお願い致します。ご自宅で検温可能な方はお計り頂きスタッフへお伝えください。お一人暮らしなどの理由で検温が難しい場合はz乗車前にスタッフがお計りさせて頂きます。

検温にて37.5℃以上が確認された場合、デイサービスはお休みとさせて頂きます。また、担当ケアマネージャーと連携を取らせて頂きながら可能な限りご自宅で必要な支援を取らせて頂くよう努めます。

2月29日に行われた安倍総理の記者会見でありましたように、今は感染拡大を抑える局面でございます。休校やイベント中止の要請も出ていますが、同時に健康保険でのPCD検査の拡大や、治療薬として有効とされているアビガンの投薬及び治療薬開発といった前向きになれる話もありました。

引き続き厚生労働省からの最新の情報を随時確認しながら慎重に対処をおこなってまいりますので、ご協力の程お願い申し上げます。

株式会社エルアイエス
代表取締役 佐藤泰司

________________________________________

【社会福祉施設等(通所・短期入所等)における感染拡大防止のための留意点】
~介護保険最新情報№769から抜粋~

(利用者について) ○ 社会福祉施設等の送迎に当たっては、送迎車に乗車する前に、本人・家族又 は職員が本人の体温を計測し、発熱が認められる場合には、利用を断る取扱いとする。過去に発熱が認められた場合にあっては、解熱後24時間以上が経過し、呼吸器症状が改善傾向となるまでは同様の取扱いとする。なお、このような状況が解消した場合であっても、引き続き当該利用者の健康状態に留意すること。

(職員等について) ○ 社会福祉施設等(通所・短期入所等に限る。以下同じ。)の職員については、 出勤前に各自で体温を計測し、発熱が認められる(37.5 度以上の発熱をいう。 以下同じ。)場合には、出勤を行わないことを徹底する。社会福祉施設等にあ っては、該当する職員について、管理者への報告により確実な把握が行われる ように努めること。 過去に発熱が認められた場合にあっては、解熱後 24 時間以上が経過し、呼 吸器症状が改善傾向となるまでは同様の取扱いとする。なお、このような状況 が解消した場合であっても、引き続き当該職員等の健康状態に留意すること。 ここでいう職員とは、利用者に直接サービスを提供する職員だけでなく、事 務職や送迎を行う職員等、当該事業所の全ての職員やボランティア等を含むも のとする。 委託業者等についても、物品の受け渡し等は玄関など施設の限られた場所で 行うことが望ましく、施設内に立ち入る場合については、体温を計測してもら い、発熱が認められる場合には立ち入りを断ること。

<新型コロナウイルス関連肺炎についての厚生労働省電話相談窓口>
TEL:0120-565653(フリーダイヤル)
※受付時間 9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

PAGE TOP